ホーム>ジュエリー&アクセサリーについて>リングサイズの測り方と表

リングサイズの測り方と表

リングサイズの測り方と表

201631513815.jpg

 ◆・.。*†*。.・◆ 簡単リングサイズの測り方 ◆・.。*†*。.・◆

簡単リングサイズの測り方 .png

<1>白い糸(又は紙テープ)、鉛筆、ものさしを準備します。
<2>糸(又は紙テープ)を指の太い部分(節や付け根)に、きつくないように巻き付けます。
<3>鉛筆で、糸(又は紙テープ)の重なった部分に縦に印を付けます。
<4>糸(又は紙テープ)を伸ばし、印と印の間の長さを測定。
<5>測った長さ→下のサイズ表の円周値で一番近い数字に対応する号数を確認します。
      例1:51mmなら11号
      例2:56mmよりやや大きければ16号、やや小さければ15号
 
※ご注意※
この値はあくまでも目安ですので、御心配の方は指輪を扱っているお店で測って頂く事をおすすめします。 
季節・測定時間・体調などにより誤差が出ます。
また、指輪のデザインによってはしっくりこないこともあります。
一般に、デザインの太いリングの場合は1-2号大きいサイズを選ばれるといいです。

*** リングサイズ表 ***

通常市販(量産)されているリングのほとんどは12番前後で
ピンキーリング(小指用)は6番前後で造られています。
それぞれの国でサイズの表示方法が違います。
日本では数字の前に#マークをつけます。
リングサイズ表 .png