ホーム>アンティーク&ヴィンテージについて>ヴィンテージアイテム・メーカーリスト

ヴィンテージアイテム・メーカーリスト

ヴィンテージアイテムいろいろ メーカーリスト

- Vintage Products Manufacture List -

- Vintage Products Manufacture List -.png

**** Pottery & Porcelain ****

◆A & S / ARCADIAN / ARCADIAN CHINA◆ UK:1904 - 1924

イギリス、 Stoke-on-Trentの窯元"Trent Bridge Pottery"にあった陶器製造メーカー。

◆ALTROHLAU / MORITZ ZDEKAUER◆ CZECH:1810 - present

1810年に、当時はBohemiaの地であったStara Role(現在はチェコ共和国)で創業した陶磁器会社。
その後度々買収され、1909年には、一度ドイツの会社"CM Hutschenreuter"の手に渡りました。
第二次世界大戦終戦後の1945年に国営化の後、幾度か再編成されましたが、現在もその伝統は受け継がれ、製造販売は続いています。

◆Beswick Pottery◆ UK:1892- present

イギリス、 Stoke-on-TrentのLongtonの陶器製造メーカー。
James Wright Beswick とその息子、John と Gilbert により、1892年に創業。
当時の社名は"J. W. Beswick"で、主に食器類や陶器の装飾品を製造していました。
1936年に、株式会社になり、社名も"John Beswick Ltd,"へと変更。
1940年頃から始めた動物の陶器の置物が有名で、特に"Beatrix Potter"のキャラクターものはコレクターに人気です。
1969年に"Royal Doulton"に買収されましたが、陶器の置物等のの生産は現在も続いています。
一方、テーブルウェアにおいては、1940年代終わり頃からモダンデザインに傾倒していき、1950年代にはデザイナーを起用して、ユニークなデザインの作品を作り出しました。

◆Blyth Porcelain Co Ltd◆ UK:1905 - 1935

イギリス、 Stoke-on-TrentのLongtonにあった陶器製造メーカー。
元々は、"Dresden Porcelain Co."という社名でした。
1935年に"A T Finney"社に引き継がれました。

◆Cartwright & Edwards◆ UK:1859(8?) - 1987

イギリスの焼き物・陶磁器製造メーカー。
CartwrightとEdwardsが1868-9年、"Borough Pottery" を創業。
1912年には新たに"Victoria Pottery"を始めました。
19世紀中はあらゆるクラスの焼き物を製造、20世紀に入り陶磁器製造も手がけました。

◆Colclough china company◆ UK:1890-1996

1890年、Herbert Joseph Colcloughにより創業。
1930年代に急速に事業を拡大し、日常使いの様々なテーブルウェアを手がけました。
1948年に Booths and Adderley に引き継がれ、1950年代に Ridgway Companyと合併しました。
その後1970年代に、 Royal Doulton Group の傘下に入りましたが、1996に生産中止、廃業となりまhした。

◆Dresden◆ Germany:1855-1944

この間、カール・テーメ工房(現SPドレスデン)をはじめとして200以上の工房がドレスデン
(ドイツ・マイセン近郊)に存在し、手工業で絵付けをしていました。
白磁をマイセンやローゼンタールなどから買い、それに絵付けをして販売していました。
多くはマイセンやロイヤル・ヴィエナの模造品を制作していましたが、時にその絵付け仕事はマイセンに匹敵するものやそれを超える高品質なものもあったとのことです。
デコレーションモチーフとして、ドレスデンフラワーを呼ばれる、美しく緻密に描かれた花々や風景画、天使などが用いられました。

◆GOVANCROFT POTTERIES◆ England,Scotland:1911 - 1981

1911年に、Scotland,Glasgowで創業した炻器(陶磁器の一種)や食品・飲料容器のメーカー。
第二次世界大戦後、ウイスキーボトルの製造を始め、収束までの間、スコットランドのウイスキーなどの酒瓶が主に作られていました。

◆Haas & Czjzek, Chodau◆ Czech:1811- Present

チェコの陶磁器製造メーカー。
Franz Miesslにより1811年に創業。(Chodau in German)  
Haas & Czjzek 社により1872に買収され、Haas & Czjzek branch Chodau となりました。
第二次世界大戦後、国営化され Karlovarsky Porcelán の一部となりましたが、現在もその支部として製造を続けています。
同名の"Haas & Czjzek, Horní Slavkov"社と区別するため、マークには"C"が使われてきました。
 

◆Haas & Czjzek, Horní Slavkov◆ Czech:1792- Present

チェコの陶磁器製造メーカー。
1792年創業と、ボヘミアで一番古い会社です。
第二次世界大戦後、国営化され Karlovarsky Porcelán の一部となりましたが、1992年に再び独立。
現在も Haas & Czjzek, Horní Slavkov として製造販売を続けています。
同名の"Haas & Czjzek, Chodau"社と区別するため、マークには"S"が使われてきました。
 

◆HAUTIN & BOULANGER◆ FRANCE:1804 - 1974年頃

フランス、Choisy-le-Roiという町の
Earthenware,porcelainメーカー。詳細は不明。

◆Honsea◆ UK:1949 - 2000年頃

1960年代に急成長したイギリスの陶磁器メーカー。
モダンテイストと独自のポップさを融合させたスタイルが人気です。

◆Jackson and Gosling Ltd◆ UK:1866 - 1961

イギリスの陶磁器製造メーカー。
トレードネームは‘Grosvenor China’。
Grosvenor Works in King St. Fentonにて1866年に創業後、Gregory St. Longton に移りました。
1920年代に吸収合併され、1928年に Jackson & Gosling Ltd となり、1932-3年頃、及び1953年に吸収、買収され、工場は翌年に閉鎖。
Jackson & Gosling Ltd と Grosvenor China のトレードネームは、1957年に New Chelsea China Co. Ltd に買い取られ、1961年まで使用されました。

◆James Sadler & Sons (Ltd)◆ UK:1899 - 2000

元は英国、"Stoke-on-Trent"で1882年に"James Sadler"が創業した焼き物の会社"Sadler & Co"。
1899年にJ"ames Sadler & Sons"となりました。
英国におけるティーポットの生産メーカーのトップランクの一つとして有名です。
初期のものは 'brown bettys' と呼ばれ、よく知られています。
その後、英国の歴史にまつわるものをモチーフにしたものの他、レーシングカースタイルのもの等様々なデザインのティーポットを生みだし、人気を博しました。
2000年に、事業は財産管理状態となり、そのブランド名や製品デザインは"Churchill China"に買い取られました。

◆John Tams (& Son) (Ltd)◆ UK:1875 - 1988

英国のStoke-on-Trent, Longton の"Crown Pottery"でJohn Tamsが創業した陶磁器メーカー。
1903年に、息子が加わり"John Tams & Son"という名で販売を始めました。
株式会社となった1912年以降は"John Tams & Son Ltd."。
John Tamsが1917年にリタイヤしましたが、それ以降も息子や孫に引き継がれ、
"Tams Group PLC"となる1988年まで同名で製造販売を続けていました。

◆L. Bernardaud & Co.◆ Fr:1863 - present

1863年創業の、フランス・リモージュの名窯「ベルナルド」。
創業後まもなくナポレオン3世の御用達窯となりました。
1925年パリ万博での金賞授賞をはじめ、世界的に高い評価を受けました。
今日も、そのエレガントな磁器は、世界中で愛されています。

◆Lefton Company◆ U.S.A.:1941 - 2001

Lefton Companyは、ハンガリー出身のGeorge Zoltan Leftonが1941年に、
シカゴで設立した陶磁器の会社です。
陶磁器やガラス、セラミック製品の製造・輸入・販売を行っていました。
戦後、日本製陶磁器の輸入販売を行っていたことでも知られています。
日本の陶磁器の品質の美しさに魅せられ、同社向けの日本での陶磁器製に取り掛かった初めてのアメリカ企業です。
Leftonの製品は、一時は米国内で10,000以上の店で販売され、人気となりました。
Zoltan Leftonは1996年に他界し、その後2001年に同社は売却されました。

◆Limoges Castel Porcelains◆ Fr:1944 - Present

1944年創業、フランス・リモージュの陶磁器メーカー。
主にリモージュボックスと呼ばれる陶器の小さな小物入れを作っていました。
他には指ぬきや、コバルトブルーのテーブルウェア及び小物などがあります。
全てが繊細な手書きものではなく、転写プリントに手書きの仕上げなどが多かったようです。
"Limoges FRANCE" という緑色のマークは、1955年~1979年まで同社で使われていました。
1979年に"Haviland"社に買収されましたが、現在も生産を続けています。

◆Longchamp◆ France:1912 - Present 

"Earthenware Longchamp"は、ブルゴーニュ地方にある小さな村に1912年に出来た陶磁器工場。
1980年代に" Villeroy and Boch"に買収されました。
その後従業員の不足と二回に及ぶ破産により2009年に工場は閉鎖となりましたが、
2011年にごく限られた数量で生産を再開しています。

◆LUNEVILLE◆(KG-KELLER&GUERIN) France:1728 - 1981 

フランスのロレーヌで創業した陶磁器メーカー。
拡大し続ける英国・ドイツの同業者をライバルとし、欧州内各國へ進出し、成功を収めました。
1812年に、"Keller and Guérin" (KG)の傘下に加わり、モチーフプリントのディナーウェア他、動植物をモチーフとした、装飾性の高い型押し陶磁器製作も得意としました。
1922年、"Édouard Fenal"により買収。1981年に生産は終了となっています。

◆Midwinter◆ UK:1910 - Present

1950年代を代表するイギリスの陶磁器メーカー。
独自のモダンなシェイプと斬新的なデザインで、大人気となりました。
1953年に発表された「Stylecraft」というシェイプは、四角い形のプレートとカップが特徴。

◆NORITAKE◆ Japan:1876 - Present

日本、愛知県の洋食器メーカー。
1876年、輸出業「森村組」を東京銀座に創業。日本の骨董屋雑貨をアメリカに販売していました。
その後愛知県の則武で1904年に「日本陶器合名会社」を創立し、洋食器をの造販売及び輸出業を始めました。
当時のジャポニズムの煽りを受け、また製品の品質の良さからも、アメリカデ徐々に人気となりました。
1981年、ノリタケカンパニーリミテドへ社名変更。現在も国内外で名を馳せる洋食器メーカーです。
とりわけ明治中期から第二次世界大戦終結までに販売された製品については、「オールドノリタケ」と呼ばれ、現在もコレクターに人気があります。

◆Palissy◆  UK:1908 - 1989

英国、Longton の陶磁器メーカー。
1908年~1946まで、"Palissy Pottery"の社名で生産していました。
有名なパターン"Avon Scenes"と"Game Series"。
1946年に、社名を"Palissy Pottery Ltd"に変更。
1958年に"Worcester Royal Porcelain Company"に買収されました。
以降も"Avon Scenes"や"Game Series"、他のシリーズも作られましたが、Palissyの工場は1989年に閉鎖となりました。

◆R H & SL Plant◆ UK:1898 - 2006

英国、Longton "Tuscan Works"の陶磁器メーカー。
元々は"R.H. Plant"という名で1881年の創業。
1960年代に"Wedgwood Group"の傘下に入り、主にホテル用の食器を製造していました。
"Tuscan Works"は、2006年に閉鎖となりました。

◆Royal Albert◆ UK:1896 - Present

1896年創業のイギリスの陶磁器メーカー。
代表作"オールドカントリーローズ"を始め、数々の古典的な花柄パターンが人気。
王室御用達の名にふさわしいハンドペイントの素晴らしい製品を作り上げ続けている一方、リーズナブルな価格のボーンチャイナを提供し続けています。

◆Royal Chelsea◆ UK: 1943 - 1961

New Chelsea China Co Ltd Longton によるプロデュース。
Staffordshire の陶磁器メーカー。

◆Royal Copenhagen◆ Denmark:1775 - Present

デンマークの陶磁器メーカーで、1775年に王室御用達製陶所として開窯されました。
熟練の絵付け士による手書きの美しい陶器類は現在も世界中で愛されています。
1908年から毎年製造されているイヤープレートもコレクターに人気のアイテムです。

◆Royal Worcester◆ UK:1751 - Present

英国、Stoke-on-Trent の陶磁器メーカー。
1751年、ウィリアム・ディヴィス氏により、ウースター磁器会社として創業されました。
現存する英国の陶磁器ブランドとして二番目に古いと言われています。
1789年にジョージ3世より、英国の陶磁器界で初のロイヤル(王室御用達)の称号を得ました。
そのような輝かしい歴史、また古典的な英国陶磁器のコレクションで知られています。
2008年管財に入り、ブランド名と知的財産のみポートメイリオン陶器により買収されました。

◆Sampson Smith◆ UK : 1846 - 1963

英国、Longton の陶磁器メーカー。1918年に株式会社となる。
1920sには'WETLEY CHINA'などの商業名で陶磁器を製造を始めました。
1930sには'OLD ROYAL CHINA ENGLAND'、
1945年に'OLD ROYAL BONE CHINA ENGLAND'と追記し、こちらのラインも並行て製造していました。
cf:http://www.thepotteries.org/mark/s/smith_sam.htm
 

◆Susie Cooper◆ UK:作品は 1920s - 1980s

スージー・クーパー (Susie Cooper) の名で知らるスーザン・ヴェラ・クーパー(Susan Vera Cooper)は
1902年に生まれ、1995年に亡くなった英国の著名な陶器デザイナー。
1920年代から1980年代にかけてストーク=オン=トレントの陶器産業界で働き、数多くのシリーズを生み出し、その全てにおいて大ヒットさせました。

◆SWINNERTONS LTD.◆  UK:1906 - 1964+

1906年に、イギリスのStaffordshire,Hanleyで創業した陶磁器メーカー。
1911年に株式会社となり、以降幾度となく他社の買収を繰り返し、1959年には遂にSwinnertons groupは、Lawley Groupに買収されました。
1959年から1964のあいだに、Lawley GroupはAllied English Potteries (AEP)に加わり、その後数年で、Swinnertonという名前は使われなくなりました。
1973年に、AEPはRoyal Doultonと合併し、Doulton groupの傘下となりました。

◆UCAGCO◆  U.S.A.:1930s - 1956

正式名称は"The United China and Glass Company)。
アメリカのニューオリンズとニューヨークを拠点にしていた陶器とガラスの製造および商社です。
創業者は Abe Mayerで、1850年。UCAGCOという商標を取得したのが1930年代です。
1950年代に多くの日本の陶磁器を輸入し、アメリカ国内で販売していました。
1956年に"Sammons Enterprises"に買収されました。

◆VILLEROY & BOCH(ビレロイ&ボッホ)◆ Germany:1748 - Present

ドイツの老舗陶磁器メーカー
1748年にフランスで創業、その後ルクセンブルグに工場で製造を開始。
1801年にドイツの Mettlach へ移り、1836年に統合の末現在の名前 Villeroy & Boch となりました。
マイセン、ロイヤルコペンハーゲンに並ぶ世界三大陶磁器メーカーの一つです。

◆Wade◆ UK:1810- present

Wade Group は、イギリスのストークオントレントのBurslemという町で創業。
1900年初頭に、いくつかの小さな工場や陶器製造会社との統合を繰り返しました。
1953年に製造を開始した、小さな動物の陶製フィギュア"Whimsie"が人気となり、その後多くのシリーズが発売され、ノベルティーとしても出回りました。
それらは現在コレクターアイテムとなっています。
Wade Ceramics Ltd.として、現在も磁器や産業陶器の製造販売を続けています。

◆Wardle & Co.,Wardle Art Pottery◆ UK:1871 - 1935

イギリスの陶器メーカー
William Wardle の妻が彼の死後1871年に「Wardle & Co.」を創業。
1908年に、J A Robinson & Sons Ltd.に経営権が移り、社名が「Wardle Art Pottery」となりました。
その後、Cauldon Potteriesに吸収合併され、1935年にはその社名での取引はなくなりました。

**** Glass makers and brands ****

◆Cambridge Glass Company◆ U.S.A. :1901 - 1958

アメリカ・オハイオ州でガラスを製造していたガラスメーカーです。
エレガントガラスを製造した代表的なメーカーとして知られています。
ハンドメイドのエッチングガラス製品を多く生産しており、その代表的なものは
"Rose Point"シリーズで、そのエレガントで美しい仕上がりは、現在も大変人気があります。

◆Fenton Art Glass Company(フェントン)◆ U.S.A.:1905 - Present

1905年に創業。アメリカのハンドメイドアートガラス会社です。
ミルクガラスやウランガラス等、カラフルな色合いでオシャレなデザインの製品が特徴。
突起状のデコレーションスタイルは、ホブネイル(=靴用の鋲釘の意味)シリーズと呼ばれ、
コレクターから愛されています。

◆Fostoria Glass Company◆ U.S.A. :1887 - 1986

アメリカ・オハイオ州のFostoriaで1887年に創業したガラスメーカー。
エレガントガラスを製造した代表的なメーカーとして知られています。
創業後間もなくして、ウェストバージニア州のMoundsvilleに拠点を移し、
1983年に売却されるまでの間、吹きガラス・プレスガラス・エッチングガラス・クリスタルガラス等
様々なガラス製品を生産していました。
最も有名なパターンは"American Fostoria" です。
1983年にLancaster Colony社に買収され、1986年に会社は閉鎖となりました。
"American Fostoria"については、その後型はWhitehall社の保有となり、現在も同社が生産を続けています。

◆Heinrich Hoffman(ハインリッヒ・ホフマン)◆ 1875-1939

アールヌーボー後期~アールデコ期
パリ在住のデザイナーで、アートガラス製品の型も手がけていました。
型はチェコスロバキア(1918年以前はボヘミア)のガラス製品工場へ送られその型で様々なアートガラス製品が制作させていました。
彼の手がけた型のほとんどには、羽を広げた蝶のマークが付いています。

◆Hazel Atlas Company(ヘーゼルアトラス)◆ U.S.A.: 1902 - 1970s

1902年、元は別会社であったAtlas Glass & Metal CompanyとHazel Glass Companyが
合弁してHazel-Atlas Glass Companyが設立されました。
1930年代には15の製造工場を持つ、世界最大級のガラス製造会社となりました。
1956年にコンチネンタル・キャン・カンパニーに買収されましたがその後しばらくは
同ブランドの名前で製造されました。

◆Irving W. Rice & Co., Inc.(Irice)◆ U.S.A. : 1905 - Pesent

1905年ニューヨークを拠点に創業の
花瓶・香水瓶・調味料ボトル・アクセサリー等の輸入販売業者。
創業当初はチェコスロバキア・ポーランドなどのヨーロッパからの輸入が中心で、
1930年代に最盛期を迎えました。
戦後しばらくしてから日本からも輸入されていました。
現在も香水瓶を中心に、輸入販売を行っています。

◆James A Jobling(JAJ Pyrex Enlgand)◆ UK:1923 - 2007

アメリカ"Corning"社が1910年代に製品化した耐熱ガラス容器のPyrex。
そのPyrexのライセンス生産をイギリスで1920年代初頭に始めたのが"James A Jobling"社。
1960年代に、その生産は最盛期を迎えましたが、1973年に"Corning"社の子会社となり、1975年にはその名前"James A Jobling"もなくなりました。
2007年に、英国でのPyrexは製造終了となりました。

◆Jeannette Glass Company◆ U.S.A. :1898 - 1970

アメリカ・ペンシルベニア州・ジャネットでガラスを製造していたガラスメーカーです。
1800年代終わり、瓶の製造から始まり、その後主にデプレッションガラスのキッチンウェアや
テーブルウェアのを手がけていたことでその名を知られています。
パターンとしては"Iris and Herringbone" や "Poinsettia"が有名。
1970に買収され社名がJeannette Corporationとなり、その後1983年に製造終了となりました。

◆Macbeth-Evans Glass Company◆ U.S.A. :1899 - 1940s

現在もコレクターに人気がある、マクベス・エバンス社のガラスウェアですが、
1920年代までは主にインテリアやエクステリア、工業用ガラス製品を制作していました。
1920年代終わり頃からテーブルウェアの生産を開始。特に薄手のミルクグラスが有名。
1937年にCorning Glass Works(現パイレックス)に買収されましたが、1940年代までマクベス・エバンス の名前で生産は続けられました。
ポピュラーなパターンは ドックウッド、ペタルウェア、アメリカンスウィートハートなど。

**** Other Products ****

◆The American Products Co.◆ U.S.A.:1911 - 1948

アメリカのオハイオ州シンシナティーにあった会社で、香水やフェイスパウダーなど、
主に女性向けのトイレタリー製品やコスメティック製品を製造販売していました。
その他、一般向けに調味料やカミソリなどの生活用品も販売していたようです。
いくつかの製品には、" Zanol "というトレード名、トレードマークが使われていました。

◆C & A Richards◆ U.S.A.:1900s - 1950s

アメリカはボストン、マサチューセッツにあった大きな芸術装飾品制作の会社。
1900年代ごろから1950年代まで存在していたようです。
フレームに入ったインテリア装飾品を主に製造販売していました。
制作品の中には、有名な美術品をテーマにしたものが多く、
また流行に沿ったものも多く作られました。

◆CASIGE◆ Germany

ドイツ西部のおもちゃ製造会社。1902年から1975年までトイミシンの製造販売をしていました。
先にトイミシンの販売を始めていた、ベルリンのMuller社のものとよく似ていますが
CASIGE社のものにはきちんと社名表示がされています。
1920年代、当時流行のアールデコスタイルのマシンを発売し、人気を博しました。
それらのモデルは、現在コレクティブルなアイテムとなっています。
第二次世界大戦終結以降、徐々に鮮やかな色使いのモダンなデザインのトイミシンへと移行。
1970年代に、安いプラスチック製のミシンの到来から徐々にトイミシン事業は衰退していきました。

◆Cheramy◆ France, U.S.A.:1921- 1970頃?

1921年、Raymond CouinによりパリのCambon通りで創業の香水メーカー。
"April Showers"や"Cappi"は創業当時に発売されたラインです。
翌1922年にHoubigant社に売却され、主に米国市場向けの低価格製品を生産する部門となりました。
1925年には、パリ展覧会で賞を受賞しました。
終息の詳細は不明ですが、1960年代終わりまでに三十数種類の香水を作り出し、販売しました。

◆Ekco Products Co.◆ U.S.A. : (1888) 1945 - present

1888年、Edward Katzinger がベーカリー向けのスズ製鍋や型の製造会社"Edward Katzinger Co."を創業。
1923年には、シカゴの北西側に大規模な新工場を建設しました。
1945年に創業者の息子であるArthur Katzingerが社名を"Ekco Products Co. "に変更し、一般向けにもキッチンツールの販売を始めました。
1950年代に企業は大きく発展し、1960年代も吸収合併を続け拡大していきました。
最終的に1980年代、ニューハンプシャーの"Centronics Corp."に買収されましたが、現在もなお、ベイクウェアの大手メーカーとして製造販売を続けています。

◆Fontanini◆ Italy :1908 - present

1908年、イタリアのトスカーナ州の小さな村でFontaniniファミリーが始めたフィギュア製作会社。
彼らのこだわりは、創業当時から今も変わらずハンドメイドとハンドペイントです。
多くはキリスト教関連のフィギュアで、クリスマスのオーナメントと等があります。
当初の製品は紙の張り子製でしたが、1900年代の中頃から、ポリマーなどの樹脂製へと変わってきました。
古いものには裏底に、スパイダーのマークと"DEPOSE ITALY"のマークが入っています。
1980年代初め頃から、"Fontannini"という名前と生産日、噴水マークが印字されるようになりました。
1970年代から、‘Roman Inc’., 一社のみのライセンス販売となっています。

◆George Ernest Hawkins(G・E・H)◆ UK :1891 - 1909

イギリス、バーミンガムのシルバー製品会社。
主にテーブルウェアの銀製品を手がけていました。

◆GORHAM◆ U.S.A. :1831 - present

Gorham Manufacturing Company は1831年創業の、シルバー製品の会社です。
その高いシルバークラフトの品質で、世界に名を広めました。
数々の著名なパターンを世に送り出したことでも知られています。
現在も、アメリカでNo.1を誇るシルバー製品の名をかかげ創業を続けています。

◆HARRY VINCENT LTD◆ UK : 1898 -

1898年、イギリスのバーミンガム近くでHarry Vincentが創業したお菓子の会社。
当初は'Harvino'というブランド名でトフィーの製造販売を行っていましたが、
1908年に上演された"The Blue Bird"という演劇に感銘を受け、自社のトフィー製品名を"BLUE BIRD"に変更しました。
まもなくして、"BLUE BIRD"のトフィーやチョコレートは人気を博し、
当時トップセールスを誇っていたCadbury社に肩を並べる程となりました。
1925年、Worcestershireに工場を新たに設立し、移転。
1952年にVincentが死去したあと、次第に事業は傾き、様々な買収の惨禍の後、1998年にNeedlers社の一部となりました。
しかしこの同盟は長くは続かず、2002年にAshbury Confectionaryに買収されました。
Ashbury社は今現在も、"BLUE BIRD"の名で数種類のトフィー菓子を販売しています。

◆J. B. Williams Co.◆ U.S.A.:1853 - 1956

"Williams' Genuine Yankee Soap"の名で1940年頃に創業。
アメリカで初めてシェービングマグを使った石鹸の製造を始めました。
1847年にコネチカット州グラストンベリーに移り、
1848年に"James B. Williams and Company"と名前を変え、1885年に"J. B. Williams Company"となりました。
Williamsのシェービングソープは合衆国全土及びカナダまで広まり、浸透しました。
1957年に買収されるまで、その他にもシェービングクリームをはじめ、様々なトイレタリーグッズの製造販売を行いました。
買収後は1960年、ニュージャージー州のクランフォードに拠点を移し社名は"J. B. Williams Co. Inc."となりました。
 

◆JRM Design / Ian Logan Associates Ltd.◆ 1960s - present

1960年代の初めにロンドンの芸術大学で学んでいた学生が始めた小さなデザイン会社"JRM"。
当初は、クッションやテーブルクロスなどのテキスタイルのデザインを手がけていましたが、
Tinトレーのデザインを請負い、それが成功した後、様々なTin製品をプロデュースしました。
特にJRMの一員であったIan Loganは、19世紀初頭のデザインをヒントにし、1970年代半ばから
1990年代の終わりまで、著名なイラストレーターを起用し、多くのTin缶を設計し製品化しました。

◆Lentheric◆ 19世紀後半 - present

フランス人Guillaume Lenthéricが1975年にパリで開いた小さなヘアサロン。
その後彼は、そのサロンでオリジナルの香水の販売を始めました。
1885年から1986年の間に発売された香水の種類は150種類以上。
香水以外にも、婦人帽子、化粧品や、その他美容製品も扱っています。
数回の買収を経てなお、"Lentheric"の製品は、現在も世界中で販売されています。

◆Mennen Company◆ U.S.A.:1878 - present

1878年に設立されたタルクパウダーの会社で、当初はアメリカのニューアークありました。
医薬品販売及び個人向け商品として、"Skin Bracer","Speed Stick", and "Baby Magic products"などが有名です。
Mennnen一族による経営が続き、後の1992年にColgate社に買収されました。
近年、Mennenという名での商品展開はほとんどなくなりましたが、一部北アメリカでは
現在もMennenの名と共に市場に出ている製品があります。

◆Nancy Ann Storybook Dolls, Inc.◆ U.S.A.:1936 - 1965

Nancy Ann Abbott が人形制作会社を設立したのは1936年。
その翌年の1937年に、共同経営者を得て、サンフランシスコに"Nancy Ann Dressed Dolls"という名の法人会社を立ち上げました。
その後1945年に、"Nancy Ann Storybook Dolls Inc."と社名を変えています。
"Storybook Dolls"と呼ばれる、子供向け絵本のキャラクターを模した小さな人形がベストセラーとなり、現在もコレクターに強い人気があります。
1937年-1947年に作られたものはビスク製(素焼きの磁器)で、その後は壊れにくいプラスチック製のものに変わりました。
いずれの人形も、ハンドメイドの精巧なドレスを身につけています。
1960年代に、"Storybook Dolls"の生産は落ち込んでいきました。
Nancy Ann Abbott が1964年に亡くなり、その翌年の1965年に会社は破産となりました。
その2年後会社はに買収され、香港製の人形が数年間のみ製造販売されました。
現在は別の会社が当時のリプロダクションを製造販売しています。

◆Ohio Art Company◆ U.S.A.:1908 - present

1908年創業のアメリカのおもちゃ製造会社。
創業当初は額縁の制作をしていましたが、その後彼らはスズに石版印刷を施した玩具など、
おもちゃの製造に携わるようになりました。
1942年から1944年までは戦争製品を製造していましたが、
再開後、さらにブリキのおもちゃとや鋼のおもちゃの製品ラインを発達させ、様々な製品を生産しました。
1960年に、彼らの有名な「Etch-a-Sketch」の生産を開始しました。
現在も操業を続けています。

◆Polaroid◆ 1937 - present

インスタントカメラで有名なポラロイド社。
1937年にエドウィン・ハーバード・ランドが設立。
自身の発明した偏光フィルターを使ったサングラスやレンズフィルター製造販売。
インスタントカメラは1947年に製品化され、一大ブームとなりました。
1950年には反射するギラつきから目を守る画期的なサングラス、Cool Rayを開発。
その後も独自の優れた技術のアイウェアを世に送り出しています。

◆Reuge(リュージュ)◆ Swiss:1865 - present

時計職人であった Charles Reuge が1865年、スイスのサント・クロワ村で懐中時計ムーブメントや
小型オルゴールムーブメントの製造業を始めました。
1886年に、彼の息子 Albert Reuge が同村でオルゴール工房を開き、家族経営であったの小さな事業を、オルゴール関連の会社へと切り替えてきました。
1930年には競合会社を買収し、現在のような大きな工場を建設。
1977年にシンギングバードメーカーの"Eschle"、1985年にトーレンスのオルゴール部門を買収、
以降、"Lador"社や"Cuendet"社を買収し、現在は世界有数のオルゴールメーカーとして知られています。

◆SHULTON◆ U.S.A. : 1934 - 1990

創業、アメリカの石鹸・化粧品・香水製造会社。
"Old Spice"という名の男性用香水や髭剃り用プロダクツで有名です。
1990年に、Procter & Gamble社に買収されましたが、現在でも"Old Spice"というブランド名で数種類の製品は販売されています。

1934年◆The Crown Perfumery Com.◆ UK :1872 - 1939 & 1993 - Present?

1972年、William S. Thompson氏がロンドンで創業した香水販売会社。
有名な製品としては、芳香剤の"Lavender Salts"や香水の"Apple Blossom perfumes"。
創業者の死後、後のユニリーバにより買い取られましたが、1939年にクローズしました。
1993年に再び香水の販売を始め、復活。一時は成功を収めました。

 ◆THOMAS DE LA RUE & CO. Ltd◆ UK:1821 - changed name, and Present

Thomas de la Rue氏が1921年に創業した文房具販売と印刷会社。
印刷業に関しては、書籍やトランプなど玩具の製造販売の他、
切手や英国紙幣の印刷に携わるなど、英国の印刷業界において重要な位置を占めてきた会社です。
1958年に社名を変更し、"De La Rue Company Limited."となりました。
その後も社名変更や吸収合併を繰り返し、現在も"De La Rue plc"という名でセキュリティ印刷・製紙・紙幣鑑別システムを扱う会社として存在しています。

◆UNITED DRUG CO.◆ U.S.A.:1903 - 1943

1902年に、Louis K. Liggett が提案し、結成されたぼボランタリーチェーンの製薬会社で、
1903年にボストンで操業を開始しました。
製品のトレードネイムは"king of all"を意味する "Rexall" 。
1929年までに、アメリカで21以上の製造工場をもち、500以上の店舗数のドラッグストアチェーンに拡大しました。
Liggettは1943年に経営から退き、次期社長により"Rexall Drug Co. "という社名になり、拠点もロサンゼルスに移転となりました。
"Rexall Drug Co. "として、その後も事業は展開され、買収や社名変更などもありましたが、1980年代まで操業されてました。

◆Wm H. BROWN & BRO.◆ U.S.A. : Mid 1800s - 1920s

アメリカ合衆国メリーランド州のボルティモアにあった香水販売会社。
詳細は不明ですが、1880年代~1920年代にわたり、いくつもの香水を開発し、
ライセンスを取り販売していたようです。

◆Ward Brothers(WBs)◆ UK:1880s - present

Charles と Samuel Ward兄弟が創業した Sterling silver jewellery メーカー。
元々は Edinburgh にありましたが、需要に伴い Birmingham へと移りました。
カットストーンやガラスを用いた Scottish デザインのジュエリーを主に制作。マークは"WBs"。
The Ward Brother's designs は同じくUKのメーカー「Miracle」に買収されましたが、現在も制作を続けています。

◆Yardley of London◆ UK: 1770 - present

1770年創業の世界で最も古い化粧品、香水およびトイレタリー製品製造会社。
20世紀初頭までは石鹸や香水の製造をしていましたが、その頃から化粧品にも携わるようになり、
その人気を博していきました。
Yardleyの代表的な香水は、1873年に発売されたイングリッシュ・ラベンダーで、
人気は香水にだけに留まらず、イングリッシュ・ラベンダーを用いたコスメがシリーズとして数多く発売されました。
1921年に、石鹸と香水が初めて英国の王室御用達に指定され、以降5回、その名誉を受けています。
長きに渡り、イギリス王室と密接な関係を保ち、王族に化粧品を提供し続けていました。
1967年、イギリス人モデルのツイッギーがプロモーションに採用されたことにより、
Yardleyは「スウィンギング・ロンドン」を象徴する存在となり、1960年代のイギリスの若者文化や
ファッションに深く関わっていました。