ホーム>アンティーク&ヴィンテージについて>そもそもアンティークとは?ヴィンテージとは?

そもそもアンティークとは?ヴィンテージとは?

そもそもアンティークとは?ヴィンテージとは?


 "アンティーク(anique)" そして  "ヴィンテージ(vintage)"

この二つの言葉はよく知られ、使われていますので、
古いものことを指すんだろうということはお解りのことと思います。
しかし、実際にどのように違うのかをご存知の方は意外と少ないようです。

当店の店名"Vintique Carmona"(ヴィンティークカルモナ)の"Vintique"ですが、
"ヴィンテージ(vintage)"と"アンティーク(anique)"の二語を組み合わせた造語。
ヴィンテージとアンティークのお店、ということです。
では、その二つの言葉の意味を私なりにまとめてみます。

"アンティーク(anique)"

家具や道具、衣類やアクセサリーなどの装身具、絵画やインテリアなどの品で、
製造されてから100年以上経過したもの、かつ美術的・芸術的価値のあるもの、とされています。
アメリカでは関税法で"100年以上経過したものを"アンティーク"とみなす"、
と明確に法律で定められています。
 

"ヴィンテージ(vintage)"

こちらは"アンティーク"よりも少し曖昧なのですが、
同様の品でも製造されてから25年程度~100年未満経過しているものが"ヴィンテージ"です。
"ヴィンテージ"という言葉自体、元々はワインの価値を表したものですが、
時間とともに良さが増した物をそう呼ぶようになりました。

どちらも物の年代や価値を指しますが、その年数の違いで使い分けることができます。
当店で販売しているものは、基本的に上記を踏まえ、
"ヴィンテージ"又は"アンティーク"と表記しています。
明確に判断し難いものについては、"ヴィンテージ/アンティーク"としています。

では、似たような他の言葉についても見てみましょう。

"ブロカント(brocante)"
こちらはフランスで使われており、「美しいガラクタ」という意味です。
主に庶民的な古道具で、アンティークほど年数が経過していないものをそう呼びます。
"ヴィンテージ"と年代は同程度ですが、衣類やアクセサリーなどには使われず、
より生活に密着し、人々が長年大切に使ってきた道具類に限られます。

"ジャンク(junk)"
"ヴィンテージ"と年代は同程度ですが、より「ガラクタ」という意味が強いようです。
時に多少難点のあるものを差すこともあります。

"コレクティブル(collectible)"
「収集できるもの」「収集の対象物」と言う意味で、コレクション対象の総称です。
アメリカでは、特に特に経過年数は関係なく使う言葉だそうですが、
当店では"ヴィンテージ"又は"アンティーク"で、かつ集める価値が有りそうなものに対して使っています。

また、"レトロ(retro)"、"シャビー(shabby)"、などという言葉もありますが、
これらは物の年代や品質を表す言葉ではありません。
"レトロ"は懐古的である様子(懐かしい感じがする)。
実際には古いものではなくてもそう形容することがありますね。
一方の"シャビー"は直訳すると「みすぼらしい」「古ぼけて汚い」といった意味ですが、
古く汚れていても、どことなく洗練されていたり、愛着があったりするものを
そのように表現することがあります。